ファストフードから高級レストランまで、アムステルダムのおすすめレストラン トップ 15 (2024)

アムステルダムは、ヨーロッパで最もエキサイティングな飲食シーンの 1 つとしてニッチな市場を開拓し続けています。

オランダの首都は、伝統への敬意とデザインの才能、世界的な展望、そして一口サイズのスナックから高級料理、そして恐れることなく独創的な新しいコンセプトに至るまで、あらゆる分野での持続可能性への取り組みを組み合わせています。ここでおすすめの食事場所をご紹介しますアムステルダム

1. 坂7

アムステルダムで最も人気のあるダイニング スペースは、役職-産業用;それは工業的です。ダーメン船舶修理場の船台の上に、鋼鉄船体メッキやボートデッキの木材床などのリサイクルおよび再生材料を使用して建設されました。坂7クレーンやコンテナ船を見渡します。

事実上すべてのものを含みます。牛カルビ(リブステーキ)とその日の獲れたての料理は、オープンキッチンの薪グリルで調理され、洞窟のようなガラス張りの店内、または開閉式屋根のある広大な埠頭側のテラスにある白い服を着たテーブルで提供されます。

2. ドヴィフ・フリーゲン

魅惑的なドヴィフ・フリーゲン(Five Flies) は、アムステルダムの中世の中心部にある 5 つの黄金時代の運河の家を散策します。ロマンチックな隅々には、彫刻が施された木材の羽目板、デルフトの青と白のタイル、素晴らしい骨董品や芸術品 (レンブラントのオリジナルを含む) などの特徴が残されており、ゼーラント海藻で巻いたニシンの赤ビーツ添えなどの洗練されたオランダ産の料理を引き立てています。ライ麦パンのクランブルとオイスタークリーム。

ファストフードから高級レストランまで、アムステルダムのおすすめレストラン トップ 15 (1)

3.レム島

赤い金属の元北海海賊放送局、レム島現在、ニューウェ・ハウトハーフェンの IJ から 22 メートル (72 フィート) の高さまで上昇しています。アムステルダムのレストラン経営者のロックスターチームが 2021 年にこの並外れた構造を引き継ぎ、テレビで有名なオランダ人シェフ、ボビー・ラストが創造性を発揮して 4 ~ 6 コースのシェフメニューやインスピレーションを受けたバースナック (タンドリーチキンのタコス、リブとウナギのスモーク添えなど) を提供しました。リグの 3 つのプラットフォームからは、かつてのヘリポートの屋上を含め、360 度の景色を眺めることができます。

4. レストラン フローレイン

オランダ料理は最先端ですフローリー。簡素なダイニング ルームには、壁に取り付けられた自転車の彫刻 (運河から釣り上げたように見える) と、海面下で食事をしていることがわかるように NAP 標高ゼロ マーカーがマークされた中央の柱がその場所を表しています。

ショーの主役は食べ物です。かきたてのヤギミルクバターを添えたパンです。サバのピクルスとホースラディッシュアイスクリーム。透明で解体されたマスタードスープとチーズフォーム。ノロジカのロースト 鹿レバー添えビームスラッシュ(伝統的なオランダの内臓);そしてデザートには、スパイス入りビスケットガランガルムースとコーヒー土を添えたスパイスケーキをオランダワインと合わせて。

5. フレミンクス

フライドポテト(フライドポテト)は熱々に焼けていますフレミンクス何十年もの間、この小さな穴のようなカルト的地位を獲得してきました。避けられない行列に並んでいる間に、クラシックなマヨネーズからスパイシーなケチャップ、サンバル、サテーまで、20 種類以上の異なるソースを意図的にたっぷりとかけてください。この場所が人気があるのには十分な理由があります。

6. ブルースカイ

ミシュランの二ツ星ホテルで、高級ダイニングが目もくらむほどの高みに達する青空ホテルオークラの23階からは、きらめくスカイラインのパノラマビューをお楽しみいただけます。マルチコース メニューは複雑に作られており、テイスティング メニュー全体がキャビア専用です (キャビアのテイスティングを 10 g 単位で注文することもできます)。究極の贅沢を味わいたいなら、シェフズ テーブルの最前列の席を予約しましょう。

ファストフードから高級レストランまで、アムステルダムのおすすめレストラン トップ 15 (2)

7. ミスGのブランチボート

アムステルダムの人々は、運河が織りなす街と同じくらいブランチが大好きです。その 2 つを組み合わせる以上に良いアイデアはないでしょうか。 」世界初のブランチボートカイザースグラハトからは、ゆっくりとした 1 時間半のクルーズに出発します。エッグ ベニー、チキン、ワッフル、朝食用ブリトー、ベジタリアン、ビーガン、グルテンを使用したダーティ ノース (スモーク サーモン、アボカド、マスカルポーネ、チャイブを添えたトースト ブリオッシュ) などの元気の出るブランチ料理をお楽しみください。何よりも素晴らしいのは、5 種類のブラッディ メアリーを含むほろ酔いドリンクが飲み放題の底なしのオプションです。

8. レストラン ブルー

オランダと島々の歴史的なつながりを考えると、アムステルダムでの見逃せないダイニング体験は、ライステーブル(「ライステーブル」、別名インドネシアの宴会)、色やスパイスのレベルを変えた、香り豊かな小さな皿で構成され、白米とともに提供されます。スタイリッシュ肉、魚介類、ベジタリアンバージョンに加え、ビーガンバージョンも提供し、市内で一番であるという正当な主張を賭けています。

ファストフードから高級レストランまで、アムステルダムのおすすめレストラン トップ 15 (3)

9. モリスとベラ

ビーガン ダイニングと美食は相反するものではないことを証明し、モリス&ベラ地元の農場から調達し、牧草地や森林から集めた農産物を、レモン入りインゲン、白インゲン豆味噌、発酵コールラビ、ピカリリ アイスクリームなどの素晴らしい創作料理に活用します。炭火で焼いたセロリアック、焼きチコリ、リンゴとザワークラウトのピューレを添えたポテトマフィン。ヘーゼルナッツのスポンジにスパイスのかぼちゃのチャツネ、ココアフォーム、砂糖漬けの松ぼっくりを添えました。洗練された素板のダイニング ルームは、日当たりの良い通り側のテラスに面しています。

10. スタッブス・ヘリング

アムステルダムにはかつてニシン小屋市内のいたるところの橋のそばにニシン小屋、つまり魚の屋台が残っていますが、現在残っているのはほんの一握りです。中央駅近くのシンゲル運河沿い、スタッブス・ヘリングはホールドアウトの一つであり、1世紀以上にわたって好調を維持している。塩漬けにしたニシンを刻んでつまようじで刺すか、ふわふわの白パンロールに入れて、みじん切りの玉ねぎと甘いピクルスを添えて食べます。

11.カスパール

キャスパー小規模生産者が手作りしたオランダの 24 種類のチーズを、船上でガラス製クローシュの下で巧みに配送しています。チーズトレイン(「チーズトレイン」)、目の前のバーを一周する寿司スタイルの回転寿司。各チーズには付け合わせと、ワイン、ビール、またはカクテルの組み合わせの提案が付いています。ブルーチーズやトリュフのゴーダフォンデュは、冬の体を温めるのに最適です。

ファストフードから高級レストランまで、アムステルダムのおすすめレストラン トップ 15 (4)

12. フードホール

アムステルダムのアイコンであるザ・ブッチャーのハンバーガーと人気のオランダのバースナックビターバレン(肉入りコロッケ)などもございます。フードホール、21 の飲食スタンドに囲まれた広々とした共同ダイニング スペース。これは、1902 年に建てられたかつての路面電車の車庫で構成され、1 世紀以上後に文化センターとして再利用された、より大きなデ ハレン複合施設内にあります。屋外のストリート マーケットに新鮮な農産物や珍味を山積みした屋台が並ぶテン カテマルクト

13. ハップ・フム

別珍の椅子に身を沈めて家族の写真を見上げた瞬間から、ハプうーん温かい抱擁のように感じます。 1935 年に遡るこの家庭的なスタイルの宝物では、アムステルダム ビールで煮たチキン、おばあちゃんのレシピのミートボール、地元の賞を受賞したシュニッツェルなどの心安らぐ料理と、煮込んだルバーブや梨などの付け合わせ、そしてオランダで人気のパンケーキ (ホイップ クリームとアイス添え) を提供しています。クリーム)デザートに。

14. ビーガンジャンクフードバー

アムステルダムの「水上」フラワー マーケット、ブルーメンマルクトからすぐの場所にあります。ビーガンジャンクフードバーは、タピオカでんぷんのシーフード、花びらをまぶしたフライドポテト、鮮やかなストリート アート スタイルの装飾とヒップホップや R&B のサウンドトラックを反映したネオン ピンクまたは黒のバンズを備えたハンバーガーなど、植物ベースで肉を使用しない代替品のイノベーターです。 。クラフトビールは、地元の成功事例である Two Chefs Brewing のものです。

15. 月

席を立たずにアムステルダムの街を散策するには、アダム タワーの 19 階にある回転レストランに行きましょう。。 「フルムーン」(海と陸ベース)または「グリーンムーン」(ベジタリアン)の3~7コースメニューは、季節に合わせて毎月変わり、ワインや紅茶とのペアリングも可能です。街を一周するには約 1 時間かかります。

As a seasoned culinary enthusiast with a passion for exploring diverse and unique food scenes around the world, I've had the pleasure of immersing myself in the vibrant gastronomic landscape of Amsterdam. My extensive firsthand experiences and in-depth knowledge of the city's culinary offerings enable me to provide valuable insights into the top dining destinations featured in the article.

1. Helling 7 Helling 7 stands out as Amsterdam's hottest dining space, situated in an industrial setting built over a slipway at the Damen ship-repair yard. The use of recycled and reclaimed materials, such as steel-hull plating and boat-deck timber floors, adds a distinctive touch. The article emphasizes the restaurant's unique features, including an open kitchen with a flaming wood-fired grill, serving dishes like cote de boeuf and catch of the day.

2. D'Vijff Vlieghen The enchanting D'Vijff Vlieghen spans five Golden Age canal houses in Amsterdam's medieval center. Noteworthy for its romantic ambiance and historical elements like carved timber paneling and Delft blue-and-white tiles, the restaurant offers Dutch-sourced cuisine. Featured dishes include Zeeland seaweed–wrapped herring with red-beetroot and rye-bread crumble, and oyster crème.

3. REM Eiland REM Eiland is a former North Sea pirate broadcasting station transformed into a dining destination by a rockstar team of Amsterdam restaurateurs. The article highlights the unique setting and creative menus, with TV-famed Dutch chef Bobby Rust leading the culinary experience. The elevated structure provides 360-degree views, including a former helipad rooftop.

4. Restaurant Floreyn Restaurant Floreyn showcases cutting-edge Dutch cuisine in a sparing dining room, incorporating local references like a wall-mounted bike sculpture and a NAP zero-elevation marker. The star dishes mentioned include pickled mackerel with horseradish ice cream and roast roe deer with deer-liver balkenbrij.

5. Vleminckx Vleminckx has achieved cult status in Amsterdam for its decades-old tradition of sizzling up fries. The article emphasizes the variety of sauces, from classic mayonnaise to spicy ketchup, making it a popular choice among locals.

6. Ciel Bleu The twin-Michelin-starred Ciel Bleu offers fine dining with panoramic views on the 23rd floor of Hotel Okura. The article mentions intricately crafted multicourse menus, with a special focus on caviar, and the option to book a front-row seat at the chef's table.

7. Miss G's Brunch Boat Miss G's Brunch Boat combines Amsterdammers' love for brunch with a canal cruise experience. The article highlights the leisurely 1½-hour cruise featuring revitalizing brunch dishes, including eggs Benny, chicken and waffles, and the unique "Dirty North."

8. Restaurant Blauw Restaurant Blauw offers an unmissable dining experience with its rijsttafel ("rice table"), showcasing tiny, aromatic sharing dishes with a variety of meat, seafood, and vegetarian options. The article suggests that it stakes a claim to being the best rijsttafel in the city.

9. Morris & Bella Morris & Bella showcases vegan dining without compromising on gastronomy, using locally sourced produce in creative dishes such as green beans with lemon and hazelnut sponge with spiced-pumpkin chutney. The article praises its sophisticated dining room and street-side terrace.

10. Stubbe's Haring Stubbe's Haring is highlighted as one of the remaining herring houses in Amsterdam, serving brine-cured herring in a traditional style. The article mentions the longevity of the establishment, which has been going strong for over a century.

11. Kaasbar Kaasbar ingeniously delivers 24 Dutch varieties of cheese on a sushi-style conveyor belt, each accompanied by garnishes and wine, beer, or cocktail pairings. The article suggests trying options like blue cheese or truffle Gouda fondue.

12. Foodhallen Foodhallen is an airy communal dining space surrounded by 21 food and drink stands, offering choices such as burgers by Amsterdam icon The Butcher and bitterballen. The larger De Hallen complex, repurposed from former tram sheds, adds to the cultural experience.

13. Hap Hmm Hap Hmm, dating back to 1935, is described as a home-style treasure serving comfort food like chicken cooked in Amsterdam beer and grandmother's-recipe meatballs. The article mentions the warm and nostalgic ambiance of the restaurant.

14. Vegan Junk Food Bar Vegan Junk Food Bar near the Bloemenmarkt is recognized as an innovator of plant-based, meatless alternatives, featuring loaded fries, burgers with vibrant buns, and tapioca-starch seafood. The article notes its vivid street-art-style décor and craft beers from local success story Two Chefs Brewing.

15. Moon Moon, located on the A'DAM Tower's 19th floor, is a revolving restaurant offering three- to seven-course menus, either "full moon" or "green moon." The article highlights the changing monthly menus, panoramic views, and the approximately one-hour revolution of the city.

ファストフードから高級レストランまで、アムステルダムのおすすめレストラン トップ 15 (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Amb. Frankie Simonis

Last Updated:

Views: 5777

Rating: 4.6 / 5 (76 voted)

Reviews: 83% of readers found this page helpful

Author information

Name: Amb. Frankie Simonis

Birthday: 1998-02-19

Address: 64841 Delmar Isle, North Wiley, OR 74073

Phone: +17844167847676

Job: Forward IT Agent

Hobby: LARPing, Kitesurfing, Sewing, Digital arts, Sand art, Gardening, Dance

Introduction: My name is Amb. Frankie Simonis, I am a hilarious, enchanting, energetic, cooperative, innocent, cute, joyous person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.