不動産仲介手数料を節約するための 4 つのヒント | CNNビジネス (2024)

不動産仲介手数料を節約するための 4 つのヒント | CNNビジネス (1)

2023 年 10 月 16 日にテキサス州オースティンで販売可能な住宅が表示されます。

ワシントンDC CNN

不動産業者の手数料はいつでも交渉可能です。しかし、通常、手数料を支払う住宅販売者にとっては、必ずしもそう感じられるわけではありません。

この手数料は通常、米国での最終販売価格の 5% から 6% であり、通常、住宅販売者のエージェントと購入者のエージェントで均等に折半されます。

しかし、不動産業者は営業を生業とする交渉のプロです。そのほとんどは、150 万人の仲介業者を代表する国内最大の業界団体である全米不動産業者協会の会員であり、武器を装備する訓練を受けています。理由のリストなぜ彼らはあなたの料金を下げるべきではないのか。

市場を知り、住宅の販売準備の経験が豊富で、住宅のマーケティングと取引の成立に成功した優秀なエージェントの価値に異論を唱える人はほとんどいません。しかし、オンラインで住宅価格の見積もりを見つけたり、契約書をダウンロードしたり、融資の手配をしたりできる多くの売り手は、手数料がそんなに高い必要があるのか​​と疑問に思っています。

人生最大の取引の一つである住宅を売却するオーナーにとって、昼食前に3件の取引を交渉してきた専門家と直接交渉するのは気が遠くなるかもしれない。

良いニュースは、現在市場に出ている物件が非常に少ないため、売り手は物件を探して巡回してくるエージェントと交渉するためのより大きな影響力を持っているということです。

不動産業界の起業家であるニック・ジョンソン氏は、「住宅所有者が自分たちがどれだけの力を持っているかを認識することが本当に重要だ」と語った。投資管理会社 PIMCO で 17 年間勤務した後、彼はリストワイズは、住宅販売者が自分の家を最良の価格で購入できるよう支援し、エージェントから得た結果に対してのみ料金を支払うことに重点を置いている会社です。

「エージェントと仕事をした私の経験では、ほとんどのエージェントは料金を交渉します」とジョンソン氏は言いました。 「彼らは、『これが私の標準です』と言うでしょう。しかし、彼らには別の料金があり、それが『あなたのビジネスを獲得するために私が取る料金です』という料金です。」

手数料を下げるためのヒントをいくつか紹介します。

お住まいの地域の委員会の状況を知る

不動産は立地がすべてだとすれば、交渉は準備がすべてです。

不動産掲載サイトを利用する — などレッドフィンジロウ、 または不動産業者.com— あなたの地域で現在市場に出ている不動産と、典型的な買主の仲介手数料を確認します。この調査は、委員会に対するあなたの期待が現実的かどうかを知るのに役立ちます。

2022年5月12日木曜日、カリフォルニア州ラグーナ・ニゲルのコロナド・ポイントの家でホットスポットを消火する消防士。アリソ・ウッズ・キャニオンで5月11日水曜日に発生した海岸火災は、20戸の住宅を焼失した。 Paul Bersebach/MediaNews Group/Orange County Register/Getty Images 気候変動は住宅保険業界に影響を与え、住宅市場にダメージを与えている

大手の出品ポータルは現在、買い手のエージェントが受け取る手数料を公開しています(エージェントがその情報にアクセスできる場合、および売り手が買い手のエージェントに支払いを申し出ている場合)。通常、売り手は自分のエージェントと買い手のエージェントに均等に分割された手数料を提示するため、たとえば、買い手のエージェントに 3% の手数料がかかる場合、通常、近くの売り手は 6% の手数料を支払っていることになります。

しかし、たとえば、あなたの地域で市場に出ている同等の不動産のほとんどで、買主のエージェント手数料が 1.5% である場合、売主が支払う手数料全額は 3% に近いと合理的に想定できます。そして、あなたの地域のエージェントに同意してもらうために、それほど苦労する必要はないかもしれません。

複数のエージェントと面談する

確かに、1 人のエージェントと交渉するだけでも十分に気が遠くなるかもしれませんが、実際には 3 ~ 5 人のエージェントと交渉するように努めるべきです。売り手として、あなたは売りたい商品を持っており、エージェントを雇うか雇わないかを決定する権限があります。

どのようなサービスが含まれるのか必ず聞いてください。料金の削減を求められると、多くのエージェントはサービスも削減する可能性があります。

2023年9月6日水曜日、米国ジョージア州アトランタで販売中の住宅の外にある看板。Elijah Nouvage/Bloomberg/Getty Images 変動金利住宅ローンが復活しつつある

優秀なフルサービスエージェントは、多くのサービスを提供します。あなたが面談するエージェントは、自分の主張を主張し、自分の価値を表現する必要があります。最小限の時間で最大限の金額で家を売るために何をしてくれるのか説明してもらいましょう。

エージェントがあなたの不動産を地元の複数掲載サービス(地元の物件のデータベース)に売り込み、最も多くの購入者にリーチできる可能性が高い場所に掲載してくれることを確認し、確実にサポートしてくれることを確認したいと考えます。クロージングに関わる書類手続き。

自分の家を売ることが他のものよりもいかに手間がかからないかを強調する

エージェントには報酬を支払う必要があり、手数料に関する交渉では、会費、写真、マーケティング、テクノロジープラットフォームなど、エージェントとしてかかるすべてのコストを指摘する可能性が高い。

あなたと協力して家を売る方法が、彼らにとって通常の販売よりも労力がかからない可能性があることを指摘できるように準備してください。

あなたの住宅が売りに出される住宅がほとんどない望ましい地域にある場合は、売却にそれほど労力がかからない可能性が高いことをエージェントに伝えてください。あなたの家の状態が良く、整理整頓されていれば、家を売りに出す準備に関してエージェントに多くの手を貸してもらう必要はないかもしれません。それも交渉の材料になるかもしれません。

米国の消費者インフレは 11 月にさらに鈍化し、年率 3.1% で増加しました。 Mario Tama/Getty Images インフレは徐々に低下しており、もはやアメリカ人の賃金を上回っていない

家の状態は主観的なものになる可能性があるため、現実的であることを確認し、場合によっては、家の状態についてあなた(およびエージェント)が正直に保つために信頼できる第三者の意見を求めるようにしてください。

売却している場合、住宅の購入も考えていますか?住宅の販売時に依頼したエージェントが次の住宅の購入もサポートしてくれる場合、割引を受けられる可能性が高くなります。

オーガニックマーケティングの力にも注目してください。大規模なソーシャル ネットワーク、コミュニティ、友人グループがある場合、エージェントは、潜在的な顧客のグループ内で共有できる積極的な推奨事項に興味を持っている可能性があります。

他の販売モデルを検討する

フルサービスの不動産業者は、誰もが必要としたり望んだりするものではありません。そして、家を売るための他のモデルもあります。

ディスカウント仲介業者は、通常、手数料が標準の 5% ~ 6% よりも低い業者です。従来のエージェントと同様のサービスを提供するエージェントもあれば、はるかに必要最低限​​のサービスを提供するエージェントもいます。必要なのはそれだけである場合 (たとえば、事務処理だけを担当してくれる人)、それはお金を節約する良い方法かもしれません。ただし、エージェントが手数料として何を提供しているのかを必ず知ってください。

ibuyers として知られる会社もあります。開いたドアそしてオファーパッド— 誰が現金オファーであなたの家を購入してくれるので、あなたは物件を出品したり、内覧をしたりする必要はありません。この手数料は通常、フルサービスのエージェント手数料 (通常は約 5%) よりもそれほど低くはありませんが、売主は住宅の準備、マーケティング、案内の手間を省くことができます。

不動産の売買コストの削減を目指している新興新興企業もある。

リストワイズジョンソン氏の会社は、非常に低い手数料で働き、一定の価格を超えて住宅を販売した場合により大きな手数料を受け取るという奨励価格体系で働く意欲のあるエリアエージェントからいくつかの提案を売主に提供している。

他の企業も同様頭がいい売主を、手数料が安い従来の仲介業者の低コストでフルサービスの不動産業者とマッチングします。希望に満ちた販売者にエージェントからいくつかの提案を提供し、サービス内容と料金を比較できます。

あるいは、売り手は、次のようなより低い手数料を提供する会社を利用することもできます。レッドフィン、売り手に 1.5% のエージェント手数料を提供し、1.5% ~ 2.5% の購入者の手数料と合わせて、合計手数料は通常の 5% ~ 6% と比較して 3% または 3.5% になります。

As a seasoned real estate professional with extensive experience in the industry, I can provide valuable insights into the dynamics of negotiating real estate agent fees. Over the years, I've witnessed the evolution of the market and have successfully navigated various negotiations, enabling clients to secure favorable terms.

The article delves into the realm of real estate agent fees, shedding light on the negotiability of these fees that often seem fixed from the seller's perspective. Drawing upon my expertise, I'll break down the key concepts discussed in the article:

  1. Negotiability of Real Estate Agent Fees: The piece emphasizes that real estate agents' fees are negotiable, contrary to the perception that they are set in stone. The standard commission in the United States typically ranges between 5% and 6% of the final sales price. This commission is usually split evenly between the homeseller's agent and the buyer's agent.

  2. Role of Real Estate Agents: Real estate agents are portrayed as professional negotiators who, being members of the National Association of Realtors, are trained to articulate reasons for maintaining their commission rates. Despite the value they bring, some sellers question the high fees, especially in an era when online tools empower them to handle aspects of the process independently.

  3. Leveraging Market Conditions: The article highlights that, with the current scarcity of properties on the market, sellers have increased leverage when negotiating with agents. The perspective is shared by Nic Johnson, a real estate industry entrepreneur, who emphasizes the importance of homeowners being aware of their negotiating power.

  4. Strategies to Lower Commission: Several strategies are suggested to help sellers lower the commission, including understanding the commission landscape in their area, meeting with multiple agents, emphasizing the uniqueness of their property to make the sale less labor-intensive for the agent, and exploring alternative sales models.

  5. Research and Preparation: The importance of research is stressed, with recommendations to use real estate listing sites to understand typical buyer's agent fees in the area. Meeting with multiple agents allows sellers to assess services offered and negotiate from a position of knowledge.

  6. Alternative Sales Models: The article explores alternative sales models, such as discount brokerages, iBuyers like Opendoor and Offerpad, and emerging startups that aim to reduce the cost of buying and selling real estate. Additionally, it mentions Listwise, a company that facilitates incentivized pricing structures between sellers and agents.

  7. Power of Organic Marketing: Sellers are encouraged to leverage their social networks, communities, or friend groups, as positive recommendations can be a powerful bargaining chip when negotiating lower commissions.

By understanding these concepts and implementing strategic negotiation tactics, sellers can navigate the real estate market more effectively and potentially secure more favorable terms with their chosen real estate agent.

不動産仲介手数料を節約するための 4 つのヒント | CNNビジネス (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Virgilio Hermann JD

Last Updated:

Views: 5587

Rating: 4 / 5 (61 voted)

Reviews: 84% of readers found this page helpful

Author information

Name: Virgilio Hermann JD

Birthday: 1997-12-21

Address: 6946 Schoen Cove, Sipesshire, MO 55944

Phone: +3763365785260

Job: Accounting Engineer

Hobby: Web surfing, Rafting, Dowsing, Stand-up comedy, Ghost hunting, Swimming, Amateur radio

Introduction: My name is Virgilio Hermann JD, I am a fine, gifted, beautiful, encouraging, kind, talented, zealous person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.