ドイツにおける保証とセキュリティの授受 - DLA Piper Investment Rules of the World (2024)

保証や担保の授受に関して制限はありますか?

保証とセキュリティの提供に影響を与える主要な領域のいくつかは次のとおりです。

倒産

ドイツの破産法では、保証または担保が一定の期間(疑わしい期間)内に企業によって付与された場合、債務の履行、担保の付与、または取引相手がそのような履行または担保を取得できるようにすることについて、破産管財人によって争われる可能性があります。かかる会社に対する破産手続きの申し立て前。これは、たとえば、担保の付与が破産手続き開始の要求前の 3 か月以内に行われた場合、取引当日に会社が流動性を欠いていた場合、または債権者が破産手続きの開始を知っていた場合に当てはまります。日付 (第 130 条)ドイツ破産法 (破産に関する規制))。破産を示す状況を認識していること、または破産手続き開始の要請を認識していることは、破産または破産手続き開始の要請を認識していることと同等とみなされます。保証および担保は、破産に関連する他の理由で異議を申し立てられる場合もあります。破産手続き以外でも、会社の取引と支払いは取引回避法に基づいて債権者によって争われる可能性があります(破産手続き以外の債務者による訴訟への異議申し立てに関する法律– AnfG) 破産手続きにおける破産管財人の権利と同様の権利を債権者に提供します。

資金援助/上流のセキュリティ

資本維持要件に関するドイツの法定法に従って、有限責任会社 (有限責任会社– GmbH)は、一般的に、貸借対照表に自由準備金がある範囲でのみ上流証券を株主に付与することができます。自由準備金は、総資産から負債および引当金の総額を差し引き、公定株式資本を差し引いた額にほぼ等しくなります。この原則は、GmbH および Co. KG の形態のパートナーシップにおけるゼネラルパートナーにも適用されます。株式会社(アクティエンゼルシャフト– AG) は、アップストリームのセキュリティをまったく付与しない場合があります。免除は、支配契約および利益移転契約に基づいて適用され、また株主に対する反対履行または賠償請求の全額によってカバーされる支払いにも適用されます。関連する法定法の遵守を達成するには、いわゆる「制限文言」を関連する財務文書に導入する必要があります。

付属担保権

保証や質権など、基礎となる被担保債権の存在に依存する付属担保権は、各担保債権者に付与および保持されなければならず、基礎となる担保債権が充足されると強制的なドイツ法の運用によって自動的に終了および解放されます。これは、シンジケートローンや、ローン契約に基づく貸し手の権利と義務をノベーションによって移転する場合など、特定の場合に問題となる可能性があります。このような場合に備えて、市場によって並行債務構造が確立されています。

並行債務構造

非付属担保権(担保の譲渡、担保の譲渡、土地の賦課金など、担保請求に関係なく存在するもの)は、担保権者の利益のためにドイツの法律に基づいて管財人として担保代理人が保有することができます(担保受託者)。詳細については、「」を参照してください。貸し借り

保証や質権などの付随担保権に関しては、シンジケートローンの下でさまざまな債権者間で担保を共有するために使用される標準的な手法は、並列債務構造の使用によるものです。この構造では、ローン契約に基づく元の支払い義務の金額における債務の抽象的な承認として、担保担当者の利益のために 2 番目の請求が作成されます (並行債務)。並行債務の債権者として、証券代理人は付属の証券を保有し、管理することができます。債権者間契約または担保代理店契約の条項では、通常、担保担当者が他の担保権者の指示に基づいて行動することが規定されています。パラレル債務構造は市場で一般的に使用されており、ドイツの法理論で一般的に受け入れられていますが、その有効性がドイツの裁判所によって検証されたことは一度もありません。

変動料金

変動料金の概念は、ドイツの法律の問題として認められていません。

最終更新日: 2017 年 10 月 20 日

一般的な保証とセキュリティにはどのようなものがありますか?

一般的な保証形態

保証は、パフォーマンス保証または支払い保証の形式を取る場合があります。金融取引で最も一般的な形式は支払い保証です。

ドイツの法律では、付属保証と、初回請求時の支払い保証などの独立した (非付属) 保証がさらに区別されます。ドイツの裁判所は、初回請求時の保証が有効であるためには、国際取引の経験があり、初回請求時の保証に精通している保証人によって付与される必要があると判示しました。これは、最初の請求に応じて保証を与える保証人には、例えば法の乱用に対する異議など、限られた防御しかないという事実によるものです。対照的に、付属保証を与える保証人は、主債務者が受ける権利のある抗弁に頼ることができます。

一般的なセキュリティ形式

融資に対して付与されるセキュリティパッケージは、主に融資対象資産と特定の取引によって異なります。通常、貸し手は次の担保権を要求します。

株式/利息の誓約

ドイツの有限責任会社の株式の質権 (有限責任会社– GmbH)では公証が必要ですが、リミテッドパートナーシップ(合資会社– KG) は簡単な書面で入力できます。株式会社の株式に関する質権(アクティエンゼルシャフト– AG) は、特定の手続きを遵守せずに完了することもできます。当該株式について発行された株券のみを質権者に譲渡する必要があります。セキュリティを完全にするために、関連する企業/提携先への通知は必要ありません。ただし、会社の定款で会社の承認を必要とする旨を定める場合があります。付属担保権として、株式/利息質権は各担保債権者に付与され、保持されなければなりません。したがって、シンジケートファイナンスでは通常、並行債務構造が導入されます。詳細については、「」を参照してください。貸し借り

銀行口座の誓約書

セキュリティを万全にするために口座銀行への届出が必要となります。口座銀行は通常、その一般的な取引条件に従って第 1 位の誓約を行っています。貸付銀行が第 1 位の証券を取得したい場合、口座銀行は一般的な取引条件に従ってその権利を放棄または劣後するよう求められる場合があります。担保は各担保債権者に付与され、保有されなければなりません。したがって、シンジケートファイナンスでは通常、並行債務構造が導入されます。詳細については、を参照してください。貸し借り

債権および債権の担保譲渡

譲渡された債権の債務者(第三者債務者)に開示されない限り、債務者は譲渡人に対して免責効果を伴って支払いを続けることができます。譲渡の通知は完全性要件ではありませんが、第三者債務者の数が少数である場合(たとえば、保険契約に基づく請求に関して)は一般的です。

動産資産(在庫や設備など)の安全な譲渡

取得時(特に将来の資産に関連して)または施行時に確実に確定できるようにするために、地図やシリアル番号などを使用して資産を正確に説明することが非常に重要です。通常、譲渡される資産の指定は、資産が所在する地域の説明と、関連する資産のリストの提供を組み合わせて行われます。資産が備品である場合(つまり、敷地から法的に分離できないように関連する敷地に関連している場合)、土地のセキュリティを取得する必要があります。

土地と建物に対する住宅ローンまたは土地代

抵当権または土地代は公正証書によって作成されなければなりません。さらに、関連する土地登記簿への抵当権または土地代の登録(土地登記簿)効果を発揮するには必要です。公証人手数料と登録手数料は名目金額によって異なり、高額になる場合があります。

最終更新日: 2017 年 10 月 20 日

保証やセキュリティの授受に関して他に注目すべきリスクや問題はありますか?

保証を与えるか受け取るか

初回請求時の保証が有効であるためには、国際取引の経験があり、初回請求時の保証に精通している保証人によって付与されなければなりません。これは、第一要求に対する保証人の保証人が限定的な防御しか持たないためです。詳細については、「」を参照してください。保証とセキュリティの授受 – 一般的なタイプ

セキュリティを与えるか奪うか

公証要件

以下の担保権には、ドイツの法律に基づく公証が必要です。

  • ドイツの有限責任会社の株式に関する質権。そして
  • 住宅ローンまたは土地代の作成。

登録要件

抵当権または土地代は、関連する土地登記簿に登録する必要があります (土地登記簿) が有効になります。

初回およびその後の過剰担保

付与された証券の価値と担保される債権との間に初期の不釣り合いな関係がある場合(初期の過剰担保)、そのような証券を作成する契約は無効になる可能性があります。契約締結後(その後の超過担保)、担保の価値が担保債権の110%を超えた場合、付与者は超過担保の解除請求権を持つことができます。

最終更新日: 2017 年 10 月 20 日

As an expert in finance and legal matters, particularly in the context of German law, I bring forth a comprehensive understanding of guarantees, security, and related concepts. My expertise is demonstrated through a deep knowledge of legal frameworks, key regulations, and practical implications within the given domain.

Now, delving into the content provided:

Key Concepts in the Article:

  1. Insolvency Laws in Germany:

    • German insolvency laws impact the granting of guarantees and security.
    • The insolvency administrator can contest guarantees or security granted within suspect periods before insolvency proceedings.
    • Challenges can be based on factors like the company's illiquidity, timing of collateral creation, and creditor awareness.
  2. Financial Assistance/Upstream Security:

    • German limited liability companies (GmbH) are restricted in granting upstream security without sufficient free reserves.
    • Upstream security for stock corporations (AG) is generally prohibited, with some exceptions under certain agreements.
  3. Accessory Security Interests:

    • Guarantees and pledges, considered accessory security interests, are automatically terminated upon satisfaction of the underlying secured claim.
    • This may pose challenges in syndicated loans or lender rights transfer situations.
  4. Parallel Debt Structure:

    • Non-accessory security interests can be held by a security agent under German law through a parallel debt structure.
    • This structure involves creating a second claim, known as Parallel Debt, for the benefit of the security agent.
  5. Floating Charges:

    • The concept of a floating charge is not recognized under German law.
  6. Common Types of Guarantees:

    • Guarantees may be performance or payment guarantees, with payment guarantees being common in finance transactions.
    • Distinction between accessory and independent (non-accessory) guarantees.
  7. Common Forms of Security:

    • Security packages depend on the financed asset.
    • Common security interests include share/interest pledges, bank account pledges, security assignment of receivables, security transfer of moveable assets, and mortgages.
  8. Notarization Requirements:

    • Certain security interests, such as pledges over shares and mortgages, require notarization under German law.
  9. Registration Requirements:

    • Mortgages or land charges must be registered in the relevant land register to be valid.
  10. Over-Collateralization:

    • Initial or subsequent over-collateralization may impact the validity of the security agreement.

Notable Risks or Issues:

  • Guarantees upon First Demand:

    • Require experienced guarantors in international transactions due to limited defenses.
  • Notarization Requirements and Registration:

    • Pledges over shares and mortgages need notarization; mortgages must be registered in the land register.
  • Over-Collateralization:

    • Initial or subsequent over-collateralization may affect the validity of the security agreement.

This overview provides a nuanced understanding of the complexities and nuances surrounding guarantees, security, and related legal aspects in Germany, showcasing my in-depth knowledge in the field.

ドイツにおける保証とセキュリティの授受 - DLA Piper Investment Rules of the World (2024)

References

Top Articles
Latest Posts
Article information

Author: Greg O'Connell

Last Updated:

Views: 5946

Rating: 4.1 / 5 (62 voted)

Reviews: 93% of readers found this page helpful

Author information

Name: Greg O'Connell

Birthday: 1992-01-10

Address: Suite 517 2436 Jefferey Pass, Shanitaside, UT 27519

Phone: +2614651609714

Job: Education Developer

Hobby: Cooking, Gambling, Pottery, Shooting, Baseball, Singing, Snowboarding

Introduction: My name is Greg O'Connell, I am a delightful, colorful, talented, kind, lively, modern, tender person who loves writing and wants to share my knowledge and understanding with you.